けせんぬまアーカイブ/ARCHIVES/気仙沼アーカイブ
気仙沼市

利活用事例の紹介

気楽会の観光案内課

    
※写真:気仙沼内湾を中心に気仙沼の人を巡るまち歩きツアーの様子。

◇日時 各月第2日曜日 11時~16時まで(開催月は4~10月)
◇場所 気仙沼市内湾周辺
◇主催 気楽会 http://kirakukai-tour.net/
◇ 内容 「気楽会(きらくかい)」は積極的に気仙沼を楽しみ、自分たちで街を楽しくしようと集まった有志メンバーで、震災後2011年9月から気仙沼の 「人」を巡る街歩きツアー「気楽会の観光案内課」を定期開催しています。このツアーの特徴は案内を4~7人で行い、参加者は会話を楽しみながら街を歩くこ と。気仙沼の多様な業種の人を巡り、震災の経験談や地域の食、歴史、文化について話を聞いたり、震災前の写真を見ながら街の変化を知ることができます。ま た、「つながりが生まれる、きっかけの旅」をコンセプトに、参加者同士のつながりをつくる場として、SNSの活用やフォトブックづくりなどの企画もおこな い、多くのリピーターが気仙沼を訪れています。
コメント(2)
2014年03月01日 06時38分 投稿者:kojima@311archives

東日本大震災復興支援まつり

 
◇日時 2013年11月9日
◇場所 横浜 山下公園
◇主催 東日本大震災・復興支援まつり実行委員会

◇内容 被災地を応援、紹介し、東北の各団体、各商店などが一同に集まり、商品の紹介、販売、イベント等を行い、来場者の方々に現在の被災地の状況を紹介します。
コ ンセプトを「風化させることなく 励ましあいながら 復興していこう そして未来を 切り拓いていこう」とし、アーカイブの利用方法として、ブースでの写真の展示、定点観測写真を使い、震災前、震災時、震災後、現在の写真を4段階縦に貼るなど、舞台上での説明を行いました。

 
コメント(3)
2014年03月01日 06時31分 投稿者:kojima@311archives

ユニクロ新入社員被災地研修

 
◇日時 2014年2月5 日
◇場所 復興マルシェ 五右衛門が原仮設住宅集会場
◇主催 ユニクロ
◇内容 海外のユニクロ新人社員が被災地を訪れ、震災前、震災時、震災後の写真、映像を見てもらい、今後必要なことを考え、服の支援のあり方や、今後の防災、支援について考える研修。
アーカイブ利用方法として、パワーポイントで資料を作り、プロジェクターで皆さんに見ていただきました。震災前の綺麗な気仙沼市、そして、震災の惨状、最後に少し前の気仙沼市を見ていただき、その後に、バスで移動しながら写真での説明を行いました。
写真は、説明の時の写真と、仮設住宅住民との交流の様子です。
2014年03月01日 06時14分 投稿者:kojima@311archives
RSS2.0KML